<   2014年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

この道

f0351844_08581867.jpg
目のまえのこの道が
ずっと遠くにつながって

ひかりの野原であふれてる
こころの映像に映ってる

私が何をなしていくのか
私がどこへ向かっていくのか

何も確証がないとしても

この胸の奥に
平和がある限り

望みの道を行くのだと
信じて旅を続ける

ただ貫いている
一本のシンが

私のこころで
大丈夫だと

あなたにもできるよと
告げている


Sachiko


※写真詩募集の記事は新しく作成中です。
もうしばらくお待ちください。

響いてくるのは、続けるっていうこと。
自分で決めた道を
歩いていくということ。

ときに大丈夫かな
と思っても

自分の中心に
絶対的なシンのようなものがあって

本当の自分とつながっているように思える。

本当の自分とは
愛と豊かさを私たちに教えている

宇宙の源…。


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-31 09:10 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(2)

決める

f0351844_08270903.jpg
いろんな
心配やら
不安やら

いろんな
しがらみやら
こだわりやら

いっぱいになってたものを
すべて捨てた

そうして
この道を行くと

決めたんだ

Sachiko



※写真詩募集についての記事は新しい案を作成中です。
もう少しお待ちください。


自分の中で決めたことは
ずんと
胸に入るというか
おなかに落ちるというか
本当にそうするんだ

という
決意のようなものを感じます。

今日はいい天気です。
秋の気配がしてきました。

季節をひとつずつ
感じながら

日々に感謝を込めて

ありがとう…

そんな気持ちで生きたいですね。


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-30 08:36 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(0)

宇和町街並み

宇和町街並み地区に行ってきました。。。
f0351844_08513495.jpg

宇和島藩の宿場町として栄えてた佇まいを残しています。

f0351844_08512204.jpg

f0351844_08510952.jpg

f0351844_08505744.jpg


開明学校…明治の小学校。いまは教育資料館です。

f0351844_08504502.jpg


洋風のアプローチ型の窓が特徴です。

f0351844_08503431.jpg


ほっと一息

f0351844_08501954.jpg

米博物館。もとは旧宇和小学校。
長い廊下が特徴。雑巾がけレースZ-1グランプリが開催されます。

f0351844_08494080.jpg

米博物館の近くから見下ろした景色。現在の小学校。


この時分教育というのはどのようなものだったのだろうか…。
少なくとも競争ばかりに終始してなかっただろうな。

先生との関係性も
いまの時代の多様な文化のなかで
崩壊したものが
残っていたのではないかな。。。

最も
未来への教育は
きっと愛に根付いた
本質的なものになるに違いないと

期待を込めて
これらの写真を載せたのだけど。

こどもたちの未来に
明るい日差しが降り注ぐことを願いながら…。


※写真詩希望の方はこちらまで


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-29 09:02 | 紀行 | Trackback | Comments(0)

道行くひとへ

f0351844_08591043.jpg
あなたもいっしょ
私もいっしょ

みんなそれぞれが
自分の場所で
まなんでいる

遊ぶように
笑うように

楽しく楽しく
まなんでいる

道行くひとへ
迷わないように

ちょっとだけ耳を貸して
私の手のひらの小さな木陰で
内緒話

いのちはね
ずっと遠くにつながっているものだから
ずっと深くに
息づいているものだから

大丈夫
大丈夫

なにも違わない
なにも間違ってもいない

ただひたすらに
自分を信じて

Sachiko



※写真詩希望の方はこちらまで

人生は
自分で決めることが可能です。

あらゆることを
手放して
そのままの自分に戻った時

おのずと
答えが出ます。

こういう風に
行けばいいんだと…。

実は
ものすごく単純だったりするんですね。。。


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-28 09:08 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(0)

f0351844_08524382.jpg
どんなふうでも
私は私

この世界で
たった一個の存在

何をなさなくても
そっと差し出す手のように
誰かに向ける
まなざしのように

こころを込めて生きていく

Sachiko



※写真詩希望の方はこちらまで


愛というのは
少し私が思っていたのとは違う気が
最近しているのです。

もっと私たちに寄り添っていて
ずっと守っている時の流れのように
思えるのです。

遠くにあるものでもなく
高いところにあるものでもなく

日常のなかで
たゆとうように
その中に
身を置いているような、

そんな気がしています。。。


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-27 09:03 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(0)

折りたたむように

f0351844_16390871.jpg
日常を
きちんと
折りたたむように
生きてゆく

おはようから
おやすみなさいまで
一つ一つを
丁寧に
折りたたむように
生きてゆく

シン呼吸と
手当とを
繰り返しながら
日々
こころの内側から
外へと
成長を遂げる

丁寧に
ひとことを放ち
丁寧に
ひとつを差し出す

贈り物を
向き合った相手に
贈るように

Sachiko


※写真詩希望の方はこちらまで


今日は写真詩の納品日。
お昼はマクロビオティックレストランへ行きました。

食は奥が深いです。
形だけまねようとしても
意識が伴っていないと
難しいなぁという印象を
もちました。

昔からある製法で作られた調味料や
自然のお野菜、玄米、雑穀などもいいものですが、

作り手の気持ちが
いちばんありがたい
材料のように思います。。。

ごちそうさまでした(#^.^#)


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-26 17:03 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(0)

束ねるものが…

f0351844_09090512.jpg
束ねるものが
私のハートを迎え入れようとするのなら
どんなひどい感情も
受け入れられるはず

こころの水面は
いつも静かに笑っていて
内にある
何かとてつもない
その奥ゆきにでさえ

遠い空の愛は
寄り添って束ねて
見守っている

私の空間は
いつも透明に見えていて
「私」という感情に
驚いたりしながらも
受け入れ
抱きしめることが
可能になってきたのだ

その束ねるものゆえに

Sachiko



※写真詩希望の方はこちらまで


人の心をいやすのは
壮大な時間のエネルギーでしかない
ちょっと苦しみがあっても
悲しみがあっても
そこにどっぷりとつからないで
見守ることも可能だ。

翻弄されない自分のシンを
しっかりと大地と結び付けて
この足で生きることを
約束したい。

もし仮にあなたが困難な道を行くのであっても
常に時間は味方だし
自分を求めるために費やしたものは
こころに響くように帰ってくる。

それは…
時間が愛そのものだから…。


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-25 09:18 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(0)

ありがとう

f0351844_09252603.jpg
ちいさなできごとでさえも
私にとったら
いのちの学び

一日一日
起きてから
眠りにつくまで

片時も離れることなく
寄り添う愛

空の中心に帰って
時のただ中に
呼吸している

Sachiko



※写真詩希望の方はこちらまで

少し躓いた、少し忘れかけた…
そんなときも自分のハートに帰って
大事なことを取り戻す。

そんな繰り返し…。

生まれてきたことに
初めて実感として感謝できたとき
自分の人生の意味も
見いだせたように思う。

明日は明るい
希望を掲げて大いなる海原への旅立ち…
孤独の真の意味を理解したとき
怖れから抜け出し
シンの自分を取り戻すのだ。。。

ありがとう、は
大いなる自然に向けて
身近な人に向けて
かかわるすべての方に向けての
私の気持ち。


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-24 09:36 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(0)

ゆっくりと

f0351844_09274566.jpg
あゆみをつづける
ゆっくりと

いっときも
無駄にすることなく
かみしめながらあるいていく

ちっとも変わらないように見える景色は
故郷の空の彩に応じて
瞬間に変化する

もしかすると
何日か後になって
振り返った時に

見たこともない景色が
私を包んでいるかもしれない

ゆっくりあるいていたら
ものすごい変化の中で

息をしているのかもしれない


Sachiko



※写真詩希望の方はこちらまで



ゆっくりとあるきたい
あせることなく、いまの目の前を丁寧に過ごしたい。
誰もみな
人生を有意義にしたいと思っている

その懸け橋になるのは
こころの持ち方…。

大地を踏みしめながら
生活のうたを紡いでいく。

生活すべてが創作活動
生活者すべてがアーティストなのだから

有意義な楽しい暮らしはいつでもどこにでもある。




[PR]
by planet-of-love | 2014-08-23 09:39 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(0)

オーバー・ザ・レインボウ

f0351844_10101273.jpg
あなたを信じているの
私は…

あなたはきっと約束を果たすわ

私が信じているのだから
私を信じているあなたは

もっと自分を信じられるはずよ

Sachiko



※写真詩希望の方はこちらまで


Umi.改めSachikoです。
しっかりと歩きたい。
自分のペースで、自分の歩幅で…。
肩ひじ張ることなく、ありのまま等身大の
一人の女性として
地上を生きていきたい…

そう思って名付けました。。。
ますますよろしくお願いします<(_ _)>


[PR]
by planet-of-love | 2014-08-22 10:17 | オーバー・ザ・レインボウ | Trackback | Comments(0)

地上な花々や日常の光景を切り取り、詩をつけました。記事の無断転載、転用は固くお断りいたします。


by Sachiko / Umi
プロフィールを見る
画像一覧