花の咲み、花のうた、きらめく地上 ―― photo&poem gallery kannon花音

kisekibosi.exblog.jp ブログトップ

今日の一枚13

f0351844_10545559.jpg
おまじないを
手のひらに書き
きみに会いにゆく
今日こそは



cafe&雑貨フリマルにてポストカード取り扱ってもらってます。
こちらから


[PR]
# by planet-of-love | 2014-06-21 10:56 | 宇宙のたまご | Trackback | Comments(0)

今日の一枚12

f0351844_07032207.jpg
森の音を見よう
風を聞こう
雨を抱きしめて
ぼくたちは

きみらのこどもだと
大きな声で言いたい


[PR]
# by planet-of-love | 2014-06-19 07:05 | 宇宙のたまご | Trackback | Comments(0)

今日の一枚11

f0351844_08584441.jpg
いま
こうしなきゃ ってことが
私にとって必要なこと

[PR]
# by planet-of-love | 2014-06-18 09:00 | 宇宙のたまご | Trackback | Comments(0)

もうすでにあるもの

f0351844_07514993.jpg
世界を見渡しても、もう時代の終焉的な発想と、逆に進化するテクノロジーの発想に終始し、もう時代はすでに変わっていることに目が向いていない。


時代の根幹は豊かさのエネルギーであり、どこにも誰にも訪れているものでもある。心の淵に立てば、自分の深遠な泉には豊かさがもうすでにあり、何を必要とするとか、不足の思いとか、そういったものはなにも出てこない。


もう十分すぎるほど満たされているのである。


かりに現実で足りない何かがあるとしても、それはすでに始まっている豊かさへの変換の序章にすぎず、後からついてくる現実の一端は見事なまでに解決の一途をたどる。


私のハートの源泉から湧き上がってくる思いは、満たされている、不足はない、その一点である。




有史以前の地球の根源、あるいは宇宙のはじめの意識によるときっと、豊かさもしあわせもいつか味わうことになると、みんな知って生まれてきたのではなかろうか。


ひかりの粒だった個人の意識が、あるいは溶け合った雄大な意識の波が、願いをもって、生れ落ちて人間へと進化したことは想像に難くない。今の科学の先端ではそういったことも研究されているであろう。



あなたがもし、足りないと常日頃感じているのであれば、現象にとらわれすぎていて、本質を見失っているのではないか。本質とは、根源のエネルギーのおおもと。目に見える段階から見えないものを感じる段階へシフトしていく必要性を私は感じるのだが。



他愛のない日常の小さな出来事によろこびを見出すことはそう難しいことではない。大きな夢も、地球規模の夢も、小さな草の根的なところの行動から叶っていくものではないのか、そう思えるのだ。


夢はでっかく、足元は着実に。
現実のいまを生きよう。

[PR]
# by planet-of-love | 2014-06-17 08:09 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

今日の一枚10

f0351844_14263983.jpg
ばらばらのみんなのところに
たくさんの糸がからまっている
あのひともこのひとも
みんなつながっている

きらいでもすきでも

[PR]
# by planet-of-love | 2014-06-16 14:28 | 宇宙のたまご | Trackback | Comments(0)
line

地上な花々や日常の光景を切り取り、詩をつけました。記事の無断転載、転用は固くお断りいたします。


by Sachiko / Umi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30