人気ブログランキング |

f0351844_21334379.jpg



バスを降りて
径を入ると
鳥の鳴き声がきこえる

西のほうが
わずかに光り出し
日暮れを教える

胸のなかは
途方にくれた
迷い子みたいに
泣いて泣いて
蹲ろうとするけれど

大きなほんとうの私は
あの光る空をめがけて
駆けていきたいと

真剣に思ってた


poetry photo by Umi


ーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーー

昨日、あることがひらめいてから
感覚的なのだけど
しゃんとしたほんとうの私が出てきて
びっくりするくらい大人だった。。。

というより
大人になろうとか思わなくても
そういう生きる道を決めたことで
そう在るし
そうなるし
そうなのだ…って
結論づいちゃって。。。

でも一夜明けたら
なんか重苦しい感じになってた。
潜在意識の感情記憶がきづいて~って
呼んでるのかな~。。。



Umi


by planet-of-love | 2018-11-01 21:44 | 写真詩 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kisekibosi.exblog.jp/tb/30139872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by renchiyan3 at 2018-12-28 05:07
おはようございます
楽しまさせていただきありがとうございます 少し早いけれど
来年も楽しまさせて下さいね 良いお年お迎え下さい
Commented by planet-of-love at 2019-01-01 06:52
> renchiyan3
訪問&コメントありがとうございました。
新年あけてしまいましたが、昨年はありがとうございました
本年もよろしくお願いいたします<(_ _)>
line

私の庭には日々の思いが咲いている。遠い宇宙の営みがあらわれて生まれる。記事の無断転載、転用は固くお断りいたします。


by Umi
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31